スパーアスコット大戦

スパーアスコット大戦の記事投稿用ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんわ、イワタっちの紹介では褒められ過ぎなリーダーSeevaです。

リアルが忙しいため、2歳馬が今週(2/3)産まれたばかりのくせに、もう登録馬紹介です。
勿論コメントなど確認してませんし、牡牝の調整なんかも他の二人とはできてません。
一応、距離の受け持ちだけは相談の上、種付けに臨みました。

少々長いので以下はこちらで…。
マインドユアバック
 父バックパサー×母ファーストプライズ(ニックス有り、アウトブリード)
 母は重賞初勝利をプレゼントしてくれた、うちの牧場の宝と言える馬です。
 パラは特筆するほどすごくもないのですが、産駒も順調に結果を出しています。
 (2番仔ブルーリーアイズ→GⅢ勝ち、3番仔エポックメイキング→GⅠ勝ち)
 配合はいろいろ迷いましたが、結局無難なアウトブリードのバックパサーを選びました。
 (ユーザー種牡馬の使用には制約を付けているため)
 早熟の芝ダ兼用狙いですが、母が稍早熟(遅)なので3歳暮れまで持つとなお良いです。
 母や上の姉たちに続いてくれることを期待しています。
 なお、父からの連想で付けた馬名は「すみません、通してください」って意味です。
 もっとも私的には、「そこのけそこのけお馬が通る」ってな感じで解釈してますがw

ミッシングブライド(仮)
 父シャーガー×母ガストオブウインド(ニックス有り、アウトブリード)
 母はまずまずのパラでしたが、4/4入厩の超早熟という想定外の事態に泣いた馬
 ニックス相手が多いのですが、こちらも迷った挙句やはり無難なアウトブリードに。
 父の成長型が稍早熟で微妙ですが、母似の可能性も考えての選択です。
 素直に芝中長に出る様願っています。母のパラがミエスクそっくりという突っ込みは無しで。
 この牝系は風にちなんだ名前を付けてきたのですが、いいのが浮かばず
 仕方なく父からの連想で仮の馬名付けてます。


まあ、結局考えたのか行き当たりばったりなのかわからんのですが、この2頭で行きます。
駄目だったら、他のお二人にカバーしてもらいましょう
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ascot1234.blog24.fc2.com/tb.php/11-c678618a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。